JA高知はた

金融機関コード:8610

全国からのお知らせ

「リスクベース認証(追加認証)」機能の導入にかかるメール送信について

2012年07月11日

平成24年7月16日よりJAネットバンクをより安全にご利用いただくため「リスクベース認証機能(追加認証)」機能を導入いたします(機能の詳細についてこちらをご覧ください)。これを踏まえ、このたびJAネットバンクではメールアドレスをご登録いただいたすべてのお客さまあてセキュリティに関する機能導入の情報をメールにて送信させていただきます。メールをご確認のうえ、より安全にJAネットバンクをご利用いただきますようお願いいたします。

  

(平成24年7月12日送信のメールは以下のとおりです。なお、以下のメールからホームページやサイトに直接アクセスするよう誘導したり、お客様の情報を登録させたりすることはいたしておりません。JAバンクを名乗り、フィッシングサイトに誘導するメールには十分ご注意ください。)

 

件名:

【重要】JAネットバンク「リスクベース認証(追加認証)」機能の導入について

 

本文:

JAバンク(JA・信連・農林中金)からの重要なお知らせ(必ずお読みください)

昨今、インターネットを利用した犯罪が増加するなか、インターネットバンキング不正利用により被害を受ける例が複数の金融機関で発生しております。これを踏まえ、このたびセキュリティに関する新たな機能を導入のこととし、その情報を今般メールにてご利用のお客さまあて配信することといたしました。

本メールは、JAネットバンクをご契約のすべてのお客さまあてに配信しております。何卒ご了承ください。

 

今般、JAネットバンクではセキュリティ強化のため平成24年7月16日より「リスクベース認証(追加認証)」機能を導入することといたしました。

「リスクベース認証(追加認証)」機能とは、不正アクセス対策として、お客さまの利用環境(利用されているパソコンやネットワークなど)を総合的に分析し、普段と利用環境が異なり、お客さまご本人かを確認する必要があると判断された場合に、追加の認証を行い、不正取引防止を図る機能です。具体的には、あらかじめお客さまに設定していただいた「一問一答の合言葉」の入力をすることで追加の認証を行います。この「リスクベース認証(追加認証)」機能につきましてはJAネットバンクをご契約のすべてのお客さまが対象になります。機能の詳細はJAネットバンクホームページの「セキュリティについて」⇒「リスクベース認証(追加認証)機能について」の順にページを遷移いただいたうえでご案内しております。ご確認いただきますようお願いいたします。

 

*本メールへの返信は受け付けておりません。お問い合わせはお取引のあるJA・信連までお願いいたします。

 


 

JAバンク(JA・信連・農林中金)

 

このページの先頭へ