目次
JAネットバンク オンラインマニュアル(操作手引き)
初期設定

パソコンからのご利用

セキュリティ登録

ソフトウェアトークン取引認証のご利用

操作の前にトークンアプリがVersion4.0以上であることをご確認ください。
・スマートフォンのトークンアプリをご利用の方が対象となります。
・ワンタイムパスワードのご利用開始が必要となります。
・JA窓口で登録の「事前登録」を利用しての振込・振替は対象外となります。

「ワンタイムパスワード利用開始」で、認証方式をソフトウェアトークン取引認証/取引認証パスワード併用方式またはソフトウェアトークン取引認証方式を選択された場合は、認証方式の変更は不要です。
手順6へお進みください。
1
ワンタイムパスワードの画面を表示します。
[BPT001]トップページ
メニューエリアの[各種お申込・手続き]タブをクリックし、サブメニューの[ワンタイムパスワード]ボタンをクリックしてください。
2
ワンタイムパスワード認証方式の変更を行います。
[BOP001]ワンタイムパスワード申請内容選択
「ワンタイムパスワード認証方式変更」をクリックしてください。

「トークン発行」については、『トークン発行』をご参照ください。

「ワンタイムパスワード利用開始」については、『ワンタイムパスワード利用開始』をご参照ください。

「ワンタイムパスワード利用解除」については、『ワンタイムパスワード利用解除』をご参照ください。

3
変更内容を入力します。
[BOC001]ワンタイムパスワード認証方式変更(入力)
認証方式を選択し、[次へ]ボタンをクリックしてください。
「ソフトウェアトークン取引認証/取引認証パスワード併用方式」または「ソフトウェアトークン取引認証方式」を選択してください。
4
変更を確定します。
[BOC003]ワンタイムパスワード認証方式変更(確認)
トークンアプリのバージョンをご確認のうえ、「トークンアプリが最新のバージョンであることを確認しました。」にチェックを入れ、確認用パスワードを入力し、[変更を確定する]ボタンをクリックしてください。
5
ワンタイムパスワードの認証方式の変更が完了しました。
[BOC002]ワンタイムパスワード認証方式変更(完了)
以降の手順に沿って、取引確認機能を有効にしてください。
認証方式をワンタイムパスワード/取引認証パスワード併用方式またはワンタイムパスワード方式からソフトウェアトークン取引認証/取引認証パスワード併用方式またはソフトウェアトークン取引認証方式へ変更された場合、トークンアプリ確認ダイアログが表示されます。
6
スマートフォンのトークンアプリを操作します。
トークンアプリの取引確認開始
[取引認証確認]タブをタップし、取引確認開始に[OK]ボタンをタップしてください。
7
ソフトウェアトークン取引認証機能が有効になりました。
トークンアプリの取引確認有効
正常に操作が完了すると、トークンアプリ上に「取引確認機能が有効になりました。」と表示されます。