目次
JAネットバンク オンラインマニュアル(操作手引き)
各種設定の管理

ワンタイムパスワード認証方式変更

パソコンでのお取引において、ワンタイムパスワードの認証の有無を変更することができます。

お手元にトークンアプリを起動させた携帯端末(スマートフォン、携帯電話)をご用意のうえ、パソコンから「JAネットバンク」にログインしてください。
1
ワンタイムパスワードの画面を表示します。
[BPT001]トップページ
メニューエリアの[各種お申込・手続き]タブをクリックし、サブメニューの[取引認証パスワードの設定変更(ワンタイムパスワード認証方式の変更)]ボタンをクリックしてください。
2
変更内容を入力します。
[BOC001]ワンタイムパスワード認証方式変更(入力)
認証方式を選択し、[次へ]ボタンをクリックしてください。

認証方式について
どれを選択してもワンタイムパスワードがご利用いただけます。
ソフトウェアトークン取引認証、取引認証パスワード(メール通知パスワード)については以下をご参照ください。
・ソフトウェアトークン取引認証
ワンタイムパスワードに加えて、JAネットバンクでお振込・振替をされる際に、スマートフォン上のソフトウェアトークンでお客様の取引内容が「改ざん」されていないかをお客様がご自身で確認のうえ、振込・振替を行う認証方法です。
詳しくはこちらをご参照ください。
・取引認証パスワード(メール通知パスワード)
振込・振替以外の取引で、あらかじめご登録いただいているメールアドレスあてに送信される可変式パスワードを入力することによりお取引が可能になるメール通知パスワード機能です。
詳しくはこちらをご参照ください。
3
変更を確定します。
[BOC003]ワンタイムパスワード認証方式変更(確認)
内容をご確認のうえ、チェックボックスにチェックを入れ、確認用パスワードを入力し、[変更を確定する]ボタンをクリックしてください。
4
ワンタイムパスワードの認証方式の変更が完了しました。